日記・コラム・つぶやき

2013年11月29日 (金)

11月29日

もうすぐ12月。

で、今日は何でもない日だけれども何か新しい気持ちへ、というか、いままでよりももう少し姿勢を正して前へ進もう、という気持ちになっている。

きっと晴天のせいかと思いつつ、部屋もきれいで気持ちもすっきりしているんだろう。
生活も、仕事も、気持ちも、身体も、すべてが美しく生きれるようになりたい。
そうなるべきなのだな、と雑念の多い自分を作り直すときがきたようです。

1129

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

2012

新年明けましておめでとうございます。

昨年はありがとうございました。

今年もよろしくお願いします!

東京で暮らし始めたのも、ちょうど昨年の今ごろで、早くも一年たちました。慣れないこともあったけど、たくさんの方にお世話になって、なんとか過ごしました。作品を作り、発表する機会をいただけることに、本当に日々感謝しています。今年は、3月に大阪で個展です。いい作品を作り、愛をもって皆様に恩返しできるよう頑張ります。

1325560001137.jpg

年末年始は京都の実家。
真ん前にある山に初めて登りました。(5分で登れる。)頂上には稲荷神社がありまーす。
皆様にとって、2012年が素晴らしい一年になりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

31歳の祈り

またひとつ大きくなってしまった。
どうやらわたしの脳みそは、楽しい妄想力よりも悲しい妄想力の方が発達しているようで、これから30代は本当にいろいろとあるんやろうなと日々怯え気味になっています。
だからなのかなんなのか、今までは嫌なこと辛いことがありませんようにといろんなところでお祈りしていたけれど、嫌なこと辛いことがあっても乗り越えられますようにと祈ることに変えた。
毎日は幸せなんやけどな。
誕生日には見たことない大きい花をもらった。

1215


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月31日 (水)

夏だった

8月さいごの日、今夜は蒸し暑い。
台風が来ているし、わたしの肩は重すぎて髪の毛を編み込みにしないと絶えられないほどまでに凝っている。

ところで、ずいぶんと日記をさぼっていましたが、みなさんお元気でしょうか。
個展が終わって一ヶ月以上経ちまして、わたしの夏休みもそろそろ終わりにしようかというところです。
夏休みといっても大したこともあまりなく、あんまし声を発することもなく、寝る時間が増えたようなもので、淡々とした日々でした。


1314801643926.jpg

少し遠出といえば、山梨のTRAXというギャラリーでしてた鈴木親さんの写真展を観に行って、となりのSHOW ROOMというお店でハンモックを買って帰りました。ついでにお庭のブランコでぶらぶら。
久々に山の中に行って、やっぱし山が好き!を再確認しました。
それからはおうちでハンモックライフ、ますます眠りに拍車がかかっております。
めっちゃいいですよん。

1314801657190.jpg

たんぼのあぜ道の半分枯れたお花、うつくしー。

それと、お知らせですが芸術新潮9月号の展覧会レビューのページに少し載せていただいております。

それとそれと、ギャラリーモモさんのブログで前回の個展の展示風景などアップされました!是非ご覧ください。
こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

ずいぶんと日が経ち、4月突入。

大変なことが起きてしまった。
情報に耳を傾け、緊張が続く日々。
やっと今日、思い返してみることにする。

わたしは地震が起きたときは東京のマンションの部屋に一人でいて、少しずつ大きくなる揺れを感じながら身動きとれずに固まり、頭の中は阪神大震災での崩壊した建物の記憶でいっぱいになっていた。これはいつも、どんな小さな地震でも予測してしまう思考回路。それにしても今回の地震は長く長く、途中で机の下に潜り込んで机の足を力いっぱいに掴み、大きく揺れて今にも倒れそうなテレビを見て速報を待ちながら、大切な人へ電話をかける、出ない、母にかける、出ない。鼓動は早まり体も震えて、どうしたらいいかわからず、これ以上大きくならないでと祈るばかり。
揺れがおさまり、とりあえず外に飛び出したら近所でも皆建物から出てきていて、道にいたひとは大きな木にしがみついたりしていた。地震がおさまっているのに、電線はまだ大きく揺れていた。外に出たところでどうしようもなく、部屋に戻ろうとしたときに京都にいる母から電話がかかってきた。私の着信でかけなおしたわけでもなく、他の用事でかけてきたようで、わたしが「いま、地震やってん!大きかってん!」とつながってすぐ言ったにもかかわらずあっさりかわされ、ベラベラと喋っている母。その言葉も全く頭に入らず、地震の恐怖でいっぱいだったわたしは思わず泣き出してしまった。母はびっくりしていた。それ以降、しばらく電話は誰ともつながらなくなった。
部屋に戻ってテレビを見たら東京は震度5、東北地方では震度7という数字が出ていた。これは、阪神大震災でもそうだった京都震度5、兵庫震度7というのと重なり、(わたしは京都にいた。)一瞬で東北地方の状況が想像できた。しかし直下でなかったため被害が大きかったのは地震よりも津波、リアルタイムで津波の映像を見ていたわたしは、開いた口がふさがらず、画面から目が離せなかった。信じられず放心状態。この間もずっと余震が続き、わたしはずっと机の下で過ごしていた。大切な人を亡くしてしまった人たちのことを思うと、その悲しみは計り知れず、その数の多さに絶望感を憶えた。地震は本当に恐ろしい。

その後、原発事故が次々と起こり、生きている心地がしなかった。
小学生の頃、母に連れられて原発反対運動に参加していて、デモに行ったり、署名も数えきれないほどした。詳しい知識はなかったけれど、原発というものは恐ろしいものだという認識は深く刻まれていて、当時も夜になると原発が爆発してしまうことを想像して泣いていた。
いま、それが現実に起こってしまった。こうなることを予測していた人はたくさんいると思う。それでも変えられなかったことに無力さや無念を感じるし、起きてしまってから気づくのは、本当に遅過ぎる。でも、これで皆がわかったんじゃないかと思うし、思ってほしい。
わたしは普段原子力で作られた電気を使っているし、電気は必要なものだと思う。いろいろな葛藤があるけど、考えるとやっぱり制御できないような大きなエネルギーを使うのは、あたりまえに考えてどうかしている。小さくても安心できるやり方を選びたい。皆がそう思えるような世の中になってほしい。
そして、過度な電力を必要としない世の中づくりをすれば原子力でなくても賄えるのではないかな。我慢とか、自粛とかそういう意味ではなく、電力が少なくても豊かな世の中は存在すると思うし、むしろその方が豊かな世の中になるのかもしれない。その意識を変える作業が必要な気がする。きっかけは事故かもしれないけど、電気の需要が下がる理由は違っていい。新しい文化、考え方を生みだすことが根本的に変わる一歩なんじゃないかと考えてる。

前回の日記にも書いているけれど、わたしは不安症で、実際わたしはしばらく恐怖感に覆われ何もできない状態になり、10日間ほど京都の実家に戻っていた。つくづく自分は弱くて後ろ向きな人間だということも感じた。こんなときに強く前向きでいられる人、自分よりももっと大変な状況にある人のために動ける人を尊敬する。テレビに映る被災地の人の前向きな言葉を聞くと、申し訳なくなる。わたしもしっかりしなあかんと思わされる。
原発ではまだまだ危険な状況が続くし、被災地の春は遠い。
見守って、見守って、光を途絶えることなく送り続けなくてはいけないと思う。

Mado_2
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

しまった

きのう(さっきまで)は、せめて2月中に1回だけでも更新しようと思っていたのに、クリームシチュー作りに夢中になってしまってた。

東京ではしばしば迷子になる。
地図はけっこう読めるし、なんとなくの勘でいつも辿り着けることが多かった今までの人生、それって道自体が簡単やっただけなんかなあ。東京はまるっきり迷路なところが多い。知らない道を歩くのは好きやからいいけどね。

あとは地下鉄とか、建物とか、人とか、いろいろ巨大なものが蠢いていてだいたい外に出ると恐怖心しかないことに気づく。不安症のわたし、大丈夫かー!
関係ないけど、外出したら上唇と前歯の密着度が気になってたまらない。

写真もあんまし撮ってない。
けど、こないだ大学時代からの友達で写真家の小賀康子さんにポートレート撮りをしてもらった。
撮影なんて緊張するけど、彼女が構えるカメラの下からのぞく口角がぐいっと上がった笑う口元がとても良くて、嬉しくなるのでリラックスできる。
載せようと思ったけど、やっぱり恥ずかしくなってきた。

素敵なにゃんこに登場してもらお。

Nya


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

これから!

Ryoko_takahashi_2011

前回の日記を書いたあと、外出したせいで風邪は悪化してますます閉じこもっておりました。(ちなみに、そのとき寝ていた写真ではありません。)
やっと昨日あたりから治ってきたので、掛け時計と姿見を探して街をぶらぶら。なかなか気に入るものがなくて結局買わずじまい、ハーブ&ドロシーを観に行って、去年訪れたニューヨークの空気を思い出しながら、作品を創ることを考えながら、ヴォーゲル夫妻の人間味あふれる世界に感動して涙しました。
あと、ひさしぶりに焼肉を食べました。あとは酔っぱらって、ごきげんな一日を過ごしましたあー。

そんなこんなで、今年から東京での生活がはじまってます。
いよいよ考えることやること山積み、気合い!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

だつへーじょー

新しい年を迎えて、はや9日… いかがお過ごしですか?
わたしの気分は平常です。
体調は3日からうすっぺら風邪をひいて、まだ続いているといった感じです。
毎日毎日、家に閉じこもって掃除洗濯炊事整理整頓をくりかえしていて、だから気分は平常なのかもです。

こうも人に会わない生活をしていると、人が大勢集まる場所へ行くのがちょっと怖い。
どきどきする。
平常が崩れる。
平常は崩すものなのだ!脱平常。
そうそう、今日はそんな日。

しかしなんだかいい空気。
いい絵を描きたい。

Hikari


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月31日 (金)

お礼と年末のごあいさつ

Yuki

遅くなりましたが、個展に来ていただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。
たくさんの人に支えられ、無事開催できたことに感謝しています。
これからもどうぞ宜しく、お願いいたします!

大晦日です。
京北は大雪で、今日は朝から降り続け50センチの銀世界。
家の前の川が凍りはじめたので川原へ降りてじゃぶじゃぶと長靴で凍りかけたところを壊して遊びました。何歳になっても雪を前にすると楽しくなるのかーと思いつつ、すぐ疲れて遊ぶ時間はかなり短縮、やっぱりきびしいのでした。今日の雪は、ふわふわさらさらの粉雪で、心まできれいになりそうな気持ち…!まっさらな気持ちで年越しできそうです。
日本各地いろいろなところで大雪情報、気をつけてください。
わたしは車の運転中、峠でスリップ地獄で泣きそうでした。
2010年もあとわずか。
良い年をお迎えください。

Kawa


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

まもなく!

個展が終了します。
25日まで。

あ、そして、無事に30歳になりました。
これからもよろしくお願いします〜!
ガンバリマス!

Kagami


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧