好きな音楽

2009年9月 9日 (水)

おんがくのふしぎ

9月も明日で10日を迎えますね。
なんだかもう今年も終わりやなという気分であります。
秋は好きです。センチメンタルになったり、雑草の花粉症で悩まされますが、それでも好き。

Mamamilkちょっと前の話ですが、8月の終わり頃に法然院でのmama!milkさんのコンサートに出かけました。怒濤の制作中でしたが、どうしても行きたくて、そしたらやっぱりとっても素敵な演奏会でした。この場所、この季節ならでは、蝉からヒグラシ、鈴虫と、時間を追うごとにみごとに入れ替わっていく虫の音と一緒にアコーディオンとコントラバスとテルミンの演奏を聴きました。
音楽を聴いて、涙が出るのが、最近とっても不思議に思います。このときもそうでした。
う〜ん。不思議だ。そして涙が出る音楽というのは良いきもち、感動しているということなんか、この心境はいったいぜんたい。
たとえば思い出の曲とか、歌詞が泣ける、とかだと、なんとなくわかるけど、生まれてはじめて聴く歌詞のない曲を聴いて泣けるのは何なんだろうかなあ。
これは以前の演奏会やけど、同じシチュエーション。素敵なふたり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)